よく耳にする「ドライカーボン」と「ウェットカーボン」の違いは?

CFRPは単にカーボンなどと呼ばれることもありますが、その製造方法によってドライカーボンとウェットカーボンに分類することができます。どちらもカーボンファイバーを使用したCFRPである点は同じですが、製造方法が異なるために製品としての特性などが大きく違ってきます。そのため、用途に応じてドライカーボンとウェットカーボンを、使い分ける必要があります。

CFRP

ドライカーボン ウェットカーボン

オートクレーブという加圧可能な装置の中で真空状態にしてから、カーボンファイバーが含まれた材料を焼き固めて作るのがドライカーボンです。
何度も高温で加熱されて不要な成分が除去されますので、カーボンファイバーの強度や剛性などを最大限に引き出します。

材料を加熱する温度や時間が重要で、さまざまなノウハウが求められます。高品質で高精度な製品を製作することが可能なために、航空・宇宙関連事業・F1パーツ・医療関係などの幅広い分野で使用されています。

しかし、高価なオートクレーブが必要となることや、製造工程で手作業が多くなることから高価になってしまいますが、製造工程の見直しや新しい技術の導入によって価格が下がるものと期待されています。

カーボンファイバーを樹脂に塗り込んだものを、自然乾燥させて作るのがウェットカーボンです。ドライカーボンようにオートクレーブが不要で、手軽に製造できるのが特徴となっています。

ガラス繊維などと樹脂を組み合わせるFRPも、同じような方法で製造されます。ウェットカーボンもカーボンファイバーの特性をいかした軽くて強い製品ですが、ドライカーボンほどの性能はありません。低価格の製品も販売されているので、民生品などに多く使われています。

自動車のパーツ屋さんなどで見られるカーボンパーツや、ホームセンターなどで販売されているものは、ほとんどがウェット加工による成形品です。

全国対応 お問合せ

失敗しないカーボン加工探し