カーボンファイバー カーボンナノチューブ 違い




カーボンファイバー カーボンナノチューブ 違い


カーボンファイバーとカーボンナノチューブの違いに興味のある方へ。CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)は軽く、丈夫でX線透過率の良さからレントゲン機器の天板や治具をはじめ、医療機器への使用が浸透してきております。CFRPが医療機器に使われるようになった要因として、X線透過率のよさがあげられます。軽く、丈夫でX線透過率の良さからレントゲン機器の天板や治具として使われ、着実に医療機器に浸透してきています。

カーボンファイバー カーボンナノチューブ 違い

カーボンファイバーを使用する利点は、CFRPはX線透過率が高いので、人体への被爆量を抑え、高画質を得ることができます。その数値は、使用する炭素繊維・成形方法により異なりますので一概に言えませんが、一般的にアルミの5倍の透過率と言われています。カーボンファイバーとカーボンナノチューブの違いにも関連しますが、X線吸収の少ないカーボンファイバーのカセッテを使用するケースが多いです。カセッテとは遮光箱のことで、裏蓋にはクッションが貼られており、内側のスクリーンとの間にフィルムを挟み均一な密着面より綺麗な画像を取り込むことができる装置のことです。

マンモグラフィは乳房X線撮影装置です。欧米ではマンモグラフィの普及により、乳がんの死亡率が減少しています。早期発見のための予防策として、日本でも40歳以上の乳がん検診には2年毎のマンモグラフィが推奨されており、少しずつ普及しはじめています。 カーボンファイバーとカーボンナノチューブの違いに興味のある方も参考にしてみて下さい。

その他には、カーボンファイバーは財布やギター、おりたたみ傘、チェロやフルートなどの楽器ケース、ノートパソコン、パイプ、ラケットなどに使用されています。

カーボンファイバー カーボンナノチューブ 違い


▲ カーボンファイバー カーボンナノチューブ 違い TOP

カーボンナノチューブ 違い グラスファイバー 比較 サイジング剤 スポーツ フィルム めっき 引張強度 カーボンファイバー 基礎補強 再利用 電車 難燃 燃える
発熱 文字盤 放射線 万年筆 カーボンファイバー 輸出 軍事用 12k cfrp x線 縦弾性係数 カーボンファイバー 成型 接着剤 組成 耐熱温度 直径
Copyright © カーボンファイバーのCFデザイン Co.,Ltd. All Rights Reserved.