カーボンファイバー 熱伝導率




カーボンファイバー 熱伝導率


カーボンファイバーの熱伝導率に興味のある方へ。カーボンファイバーとは、炭素繊維のことを言います。その優れた強度を持つ特性と軽さからロケットや航空機、F1パーツなどに幅広く使用されています。 最近では、X線透過率の良さを活かし、医療分野で使用されるケースや熱膨張係数の低さ・振動減衰率の高さから工業用途に使用されるケースが増えてきています。 炭素繊維にはPAN系とピッチ系の2種類に分けられます。これら2種類を使って繊維の方向等を決め、要求する数値に近づける製品を作り上げていきます。

カーボンファイバー 熱伝導率

PAN系はアクリル繊維を使った繊維で、ピッチ系は石油・石炭等の副生成物を原料に高温で炭化して作った繊維になります。一方、カーボンは元素としての炭素のことを言います。カーボンファイバーと違い、炭や工業原料として使われるススなどのことです。カーボンファイバーの熱伝導率にも関連しますが黒鉛やダイヤモンドの原料も炭であることは有名ですね。硬度や密度、色などによってその呼ばれ方が違ってきます。

工業原料のススは炭素の微粒子となり、ゴムとの相性のよさから補強材としてタイヤに使用されたり、塗料や印刷インクとしてコピー機のトナーにも使用されています。 黒鉛・石墨はグラファイトと称され、「マテリアル一覧表」でカーボンファイバーとの特性の違いがわかると思います。カーボンファイバーの熱伝導率に興味のある方も参考にしてみて下さい。

カーボンファイバーは特性から、サーフボードやナイフ、ノートパソコン、バイオリンケース、ベビーカー、メガネケース、車のボンネット、バット、椅子などにも利用されています。今後はますます、その利用範囲が広がりそうです。

カーボンファイバー 熱伝導率


▲ カーボンファイバー 熱伝導率 TOP

カーボンファイバー リサイクル 熱伝導率 グラスファイバー 違い クロス ドライ ホームセンター ボンネット ヤング率 企業 金型 健康 剛性 刺さる 電極 透明
カーボンファイバー 熱膨張 粉塵 補修 摩擦係数 問題 歴史 プロトレック cf bf4 frp カーボンファイバー pan ピッチ vaio アルミ エポキシ 寿命 織物 製法 線膨張係数 耐久性 値段 抵抗
Copyright © カーボンファイバーのCFデザイン Co.,Ltd. All Rights Reserved.