カーボンファイバー プレート




カーボンファイバー プレート


カーボンファイバーのプレートをお探しの方へ。カーボンにはドライカーボン、ウェットカーボンなどがありますが、ドライカーボンは真空状態で焼き固めたカーボンファイバーです。強度・剛性等を最大限に引き出す製法で、主に航空・宇宙関連事業・F1パーツ・医療関係他幅広い分野で活用しています。成形方法も複雑になりますが、高品質・高精度の製品製作が可能です。

カーボンファイバー プレート

ウェットカーボンはハンドレイアップ品で主に民生品の製品成形します。樹脂硬化は自然乾燥で多くの車パーツ屋さんで見られるカーボンパーツはウェット加工による成形品です。また、当社では、様々なカーボンファイバーの産業用機器の製作に取り組んでいます。 CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)の特性を活かしながら、用途に合わせて設計することも可能です。 代表例として、ロボットアームが挙げられます。

カーボンファイバーのプレートにも関連しますが、CFRPは比重約1.6と軽く、弾性率180GPa~240GPaと強く、振動減衰率が非常に小さいため、運送される製品に振動で与える影響が小さいという特性を持っています。液晶パネル運搬用ロボットハンドにも適しております。当社には奥行き4mのオートクレーブとベット2000x4000のウォータージェットを完備しており、第8世代以上のハンド製作も可能です。その他、CFRP製ビームローラーシャフトなどのCFRP製産業用機器にも対応いたします。

カーボンファイバーはチェロやギターケース、チェロケース、アタッシュケース、テニスラケット、パソコン、f1などの車のボディ床暖房、車椅子、スマートフォンケースなどに利用されています。カーボンファイバーのプレートをお探しの方も参考にしてみて下さい。

カーボンファイバー プレート


▲ カーボンファイバー プレート TOP

プレート ケブラー シェア スマホ なぜ高い ピック プラスチック カーボンファイバー プレス ポリカーボネート ミニ四駆 モース硬度 ラマンスペクトル ロッド 温度
弓道 経年劣化 硬さ 電熱 カーボンファイバー 熱 燃焼温度 板 販売 物性値 壁紙 棒材 無機 落雷 グラファイト 違い aria エレアコ 3k f1 製造 折れる 装甲 単価 通販 貼り方
Copyright © カーボンファイバーのCFデザイン Co.,Ltd. All Rights Reserved.