カーボンファイバー 構造




カーボンファイバー 構造


カーボンファイバーの構造に興味のある方へ。カーボンファイバーはその構造や特性から、スピーカーやタブレット、バイク、ノートpc、テーブル、ヘルメット、マウスパッド、メガネフレーム、ヨットなどに利用されています。CFデザインでは、CFRP製品の販売を行っております。CFRPとはカーボンファイバー強化プラスチックの略で軽くて強い新素材です。CFRPの性能を生かした製品の販売を行っています。

カーボンファイバー 構造

近年、カーボンファイバー強化プラスチックの重要さは注目を浴びてきています。私たちは、その事実を認識し、お客様の求める製品を提供し続けることによって、CFRPという素材をより身近に、親しみやすく感じていただきたいと思っております。また、CFRPの販売だけでなく、CFRPを使用した新しい製品の開発なども行っています。

カーボンファイバーの構造にも関連しますが、カーボンファイバー成型は、主に人の手による正に手作業で作成されます。手順としましては、カッティング工程、積層工程、バギング工程、オートクレーブ成型の順で行われます。カッティング工程は約0.2mmのカーボンシート(プリプレグシート)をカッティングマシンでカットします。積層工程では1枚ずつ所定の厚みまで積層していきます。ここに熟練の技が必要となります。バギング工程では耐熱性のビニール袋に製品を入れ内部の空気を完全に真空引きします。オートクレーブ成型では真空引きしたまま炉に入れ、約5気圧・120℃の温度をかけ焼き上げます。

CFデザインでは、責任ある企業市民として社会に貢献するとともに特殊炭素繊維の製作・販売を通じて、お客様とともに革新及び躍進を実現する企業を目指しております。カーボンファイバーの構造に興味のある方も参考にしてみて下さい。

カーボンファイバー 構造


▲ カーボンファイバー 構造 TOP

カーボンファイバー 構造 ブラシ オートクレーブ グラスファイバー 強度 クロス 販売 サイジング ドライカーボン カーボンファイバー ハンズ レジン 異方性 角パイプ 危険性 金属
カーボンファイバー 建材 合成 電磁波 特徴 熱膨張係数 発がん性 粉末 摩耗 問題点 劣化 dc26 タービンヘッド エントリー wiki アルミ 複合 エポキシ樹脂 樹脂 接着 耐震補強 抵抗率
Copyright © カーボンファイバーのCFデザイン Co.,Ltd. All Rights Reserved.