カーボン 加工 方法




カーボン 加工 方法

カーボンの加工の方法でお悩みの方へ。カーボンを材料としたものは、今までにない軽くて強度のある材料として多くの場面で活用されていますが、製造や加工を行う際には扱いに注意をする必要があります。加工の際に微小なカーボンの粉塵などが発生して、そのまま放置をしておくと電気機器などの中に入ってしまい短絡して故障や事故の原因ともなる可能性があります。

そのため、カーボンを扱う場所については、粉塵が発生しても問題ない場所を選び、加工などが終わった後はきちんと清掃をしなくてはなりません。また、粉塵などが人体に付着してしまうと、健康に影響を与えることもありますので、カーボンを材料を処理する際にはメガネやマスクなどを付けて服装も肌の露出が少ないようなものを着用するなど、十分に用意を整えてから行うようにしなくてはなりません。

そして、残った材料や粉塵などについては、焼却炉で燃やしても完全に処分することは出来ませんので、廃プラスチックと同じように廃棄する必要があります。最近はカーボンを使ったシートや板などが容易に入手出来るようになっていますが、加工を行う前には十分に準備を整えて行うことが大切です。カーボンについての知識を深め、安全対策を行えば危険はありませんが、出来ればカーボンの加工や処理に関しては、専用の設備がある企業に依頼をした方が安全で満足の行く処理を行うことが出来ます。安易な考えでカーボンを使った材料を加工などを、しないようにすることが大切です。

カーボン 加工 方法

また、製品設計には3DCADが使用され、複雑な形状の製品でもあらゆる角度から検討されることになるので、どのような設計上の問題でも製作に入る前の段階で解決することが可能です。

3DCADで設計することで、設計者以外の関係者や製品製作を依頼した方も、製品のイメージを具体的につかめるようになりますので、さまざまな意見を交換することに役に立ちます。

CFデザインでは様々なカーボンの加工案件に対応しております。カーボンのレーザー加工、切削・研削、加工、超精密加工でお悩みの方、試作の制作や格安のカーボン加工業者をお探しの方もまずは弊社までご相談下さい。カーボンの加工の方法でお悩みの方も是非どうぞ。

カーボン 加工 方法


▲ カーボン 加工 方法 TOP


カーボン 加工 方法 リアル プレート ドライ 切削 切削 レーザー パネル 調 加工 樹脂 クロス 部品 横浜 樹脂 カーボン加工業 制作 ドライ レーザー ウェット 神奈川 格安 格安 試作 格安 グラッシー 研削 超精密 研削 方法 切削 マシニング ガラス状 精密切削 切削 会社 板 業者 樹脂 格安 カーボン 手法 加工会社 横浜市 ドレスアップ リアル 仕方

Copyright © カーボンファイバーのCFデザイン Co.,Ltd. All Rights Reserved.