カーボン 素材




カーボン 素材

カーボンの素材でお悩みの方へ。カーボンとは、「炭素」のことです。炭素材料を熱処理していくと、最終的には黒鉛結晶になりますが、原子の配列が安定しているため、高温になっても結合が乱れることはありません。そのため、カーボン製品は熱に強い特性を持っているのです。
近年では、「カーボンナノチューブ」という新素材が脚光を浴びており、半導体チップへの実用化などに期待がかかっています。このように、カーボンは生活に欠かすことのできない材料であり、さらなる可能性を秘めているともいえます。それでは、カーボンの具体的な特性を挙げましょう。

1)熱に対する性質が優れている。
耐熱性、熱伝導性があり、急激な熱変化にも耐えられ、ほとんど損傷しません。高温での寸法変化が少なく、また、高温下で強度が増します。還元性雰囲気中で約3000度、酸化雰囲気では約400度まで使用できます。

2)電気を通す性質
モーターのブラシや電池の電極、パンタグラフのすり板など、各種の電極材として電気部品に使われているのは、この電気を通す性質があるからです。また、グラファイトの電気抵抗を利用して、電磁誘導加熱の発熱体や、直接電気を流して高温炉の発熱体としても使用できます。

3)軽量で加工が容易
アルミよりも軽く、精密な機械加工も容易にできるので、さまざまなパーツに使えます。

カーボン 素材

4)耐薬品性がある。
常温の場合なら、ほとんどの酸やアルカリに耐え、ガラス、石英とも反応しません。また、ほとんどの融解金属と反応しない性質があるため、発熱をともなう薬品を使う場所で利用されています。

5)自己潤滑性がある。
自己潤滑性で相手部品をいためないので、機械用軸受や摺動シール材等で使用されています。

6)溶融ガラス・溶融金属に濡れにくい
溶融物が浸透しないため、ガラス製造用部品などに使用できます。

このようにカーボンには、他の材料には無い優れた特性があるため、半導体・電機・自動車、航空宇宙などの各産業で幅広く使用されています。

カーボンの素材や成形、強度、比重、熱伝導、積層、価格などでお悩みの方、カーボンのブラシ、ヘルメット、プレート、スーツケース、バッグ、プレートや半導体、太陽電池、溶解炉、燃料電池、摺動、冶金などのカーボンの販売サイトやメーカー、製作会社をお探しの方、CFデザインでは様々なカーボンの加工案件に対応しておりますので是非ご相談下さい。カーボンの素材でお悩みの方も是非どうぞ。

カーボン 素材


▲ カーボン 素材 TOP


カーボンニュートラル ブラシ ナノ ヘルメット 素材 プレート ナノチューブ 用途 強度 アモルファス 比重 ヘルメット ファイバー作り方 販売 製品 カーボン電極 強度 モルガナイト プリント 電池 ゼロカーボン フロンティア カーボン とは 材料 スーツケース ドライ 成形 メーカー 成形 バッグ プレート 販売 ファインカーボン 価格 導電性 ポーラス カルゴン 会社 熱伝導 クリア 用途 平織り 黒鉛 商品 グラッシー 特性 moncarbone リアル ケース 積層 半導体用 製品 太陽電池用 溶解炉用 冶金用 燃料電池用 摺動用 材質 高純度 ドライ 彩織 グラファイト 綾織り 熱伝導

Copyright © カーボンファイバーのCFデザイン Co.,Ltd. All Rights Reserved.