カーボンファイバー 指輪

カーボンファイバー 指輪


指輪用のカーボンファイバーをお探しの方へ。当社は カーボンファイバー加工の専門家として、さまざまなニーズにお応えしております。小さなものから大きなものまでさまざまな加工に対応いたします。

カーボンファイバーの値段や廃棄でお悩みの方、カーボンファイバーの利用や切断、表面処理をお考えの方、カーボンファイバーの素材や通販、販売店、パッキン、ブラシ、基礎補強用のカーボンファイバー、軍事用、指輪用、糸用、自動車用、織物用、戦闘機用、掃除機用、耐震補強用、釣り用、電車用、塗装用、布用、文字盤用、壁紙用、補強用、棒用、万年筆用、輸出用のカーボンファイバー、日本製のカーボンファイバーなどをお探しの方も、まずはご相談下さい。指輪用のカーボンファイバーをお探しの方も是非どうぞ。

■カーボンファイバーとは

カーボンファイバーは原料によって分類され、アクリル繊維からつくられるものをPAN(パン)系カーボンファイバー、石油・石炭などからつくられたものをピッチ系カーボンファイバーといいます。現在製造されているカーボンファイバーのほとんどはPAN系カーボンファイバーで、ピッチ系カーボンファイバーの製造量は一割以下ともいわれています。

■当社のCFRP カーボンファイバー成型

最先端材料の一つであるCFRP カーボンファイバーの成型は、カッティング・積層・バギング・オートクレーブ成型の各工程を経て行われます。材料となるカーボンシートをカーボンファイバーの特性を考えながら、適切な処理を行います。その結果、鉄よりも軽くて強いCFRP製品が完成するのです。

<CFRP製品は主に人の手による正に手作業です>

1)カッティング工程
約0.2mmのカーボンシート(プリプレグシート)を、専用のカッティングマシンでカットします。極めて薄い材料であるために、慎重に扱わなくてはなりませんし、できるだけカーボンファイバーを傷つけることなく、カットすることが求められます。最初の工程から、細心の注意が求められます。

2)積層工程
1枚ずつ所定の厚みまで積層していきます。カーボンファイバーの方向などを考えて積層しないと製品としての品質が一定になりませんので、熟練の技が必要となります。一見簡単そうな作業ですが、一人前になるためには多くの経験が必要とされるのです。高品質のCFRP製品を作るためには、必ず高い技術力を持った作業者がいなくてはなりません。

3)バギング工程
高温下でも使用できる耐熱性のビニール袋に製品を入れて、内部の空気を除去して完全に真空引きします。この工程がないときちんと成型することができませんので、オートクレーブに入れる前に真空になったことを確認しま

4)オートクレーブ成型
オートクレーブと呼ばれる内部を高圧にすることができる炉を使って、CFRP製品の成型が行われます。材料をバギング工程で真空引きしたままの状態で炉に入れ、約5気圧・120℃の温度をかけ焼き上げます。適切に焼き上げるためには温度と時間の管理が必要となりますが、これらを最適な状態に調節するには高度な知識と経験が必要となります。焼き上がった製品の品質を評価して、一定の水準以上のものだけが出荷されることになります。

カーボンファイバーインサートバンドや電磁波、電波、熱、放射線、鉄に興味のある方、カーボンファイバーの種類や商品、製造、製造方法、製品、製法、接着剤、耐久性、弾性率、直径、抵抗、電気抵抗、特徴、難燃性、熱硬化性樹脂、熱膨張係数、配向、発熱、発明、分析、本、摩耗、模様、用途、カーボンファイバー使用の自動車などに興味のある方も、まずはご相談下さい。指輪用のカーボンファイバーをお探しの方も是非どうぞ。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

綜合カーボン株式会社CF事業部
〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台1-10-1-911

事業内容
1.CFRP製品の製造販売
2.前号に付帯関連する一切の業務


>>お問い合わせはこちら


カーボンファイバー 指輪