カーボン




カーボン


カーボンでお探しの方へ。「カーボン」と「カーボンファイバー」の違いをご紹介いたします。
カーボンとは元素としての炭素のことを言います。炭や工業原料として使われるススなどのことです。 黒鉛やダイヤモンドの原料も炭であることは有名ですね。硬度や密度、色などによってその呼ばれ方が違ってきます。 工業原料のススは炭素の微粒子となり、ゴムとの相性のよさから補強材としてタイヤに使用されたり、塗料や印刷インクとしてコピー機のトナーにも使用されています。 黒鉛・石墨はグラファイトと称され、下記の「マテリアル一覧表」でカーボンファイバーとの特性の違いがわかると思います。

一方、カーボンファイバーとは、炭素繊維のことを言います。その優れた強度を持つ特性と軽さからロケットや航空機、F1パーツなどに幅広く使用されています。カーボンヒーター電気炉でお探しの方はご存じかもしれませんが、最近では、X線透過率の良さを活かし、医療分野で使用されるケースや熱膨張係数の低さ・振動減衰率の高さから工業用途に使用されるケースが増えてきています。炭素繊維にはPAN系とピッチ系の2種類に分けられます。※これら2種類を使って繊維の方向等を決め、要求する数値に近づける製品を作り上げていきます。

カーボン


▲ カーボン TOP

カーボン カーボンファイバー ヒーター電気炉 カーボンブラック 導電性 電動 ドライカーボン 角材 燃料電池 実用例 製作 電気抵抗 CFRP セラミック 電動 実用 熱膨張 抵抗 用途 使用 作り方 硬度
Copyright © カーボンファイバーのCFデザイン Co.,Ltd. All Rights Reserved.