医療機器

X線透過率が高く、軽量で丈夫な医療機器が確かな診察をサポート

CFデザインでは、医療分野の製品づくりのお手伝いをしています。

CFRPが医療機器に使われるようになった理由の一つは、X線透過率の良いことです。
X線透過率が良いことに加えて軽く丈夫であることから、CFRPはレントゲン機器の天板や治具などに使われるようになり、着実に医療機器の分野に普及しています。CFRPを医療機器に使用することによって、より確かな診察ができるようになったと評判になっています。

<カーボン繊維を使用する利点>
CFRPはX線透過率が高いために、従来の材料を使用した場合と比較して人体への被爆量を抑えることができます。使用するカーボンファイバーや成形方法などによって異なりますが、一般的にはアルミの5倍の透過率だと言われています。

CFRPを使用することで、人体への影響を少なくすることができる上に、高画質の結果も得ることができるのです。今後はさらにカーボンファイバーを応用した医療機器が、増大するものと見込まれています。


マンモグラフィでの活用例
※これはイメージ図です

事例

小型用X線装置
小型のX線装置には、X線吸収の少ないカーボンファイバーのカセッテ(※1)を使用するケースがほとんどです。カーボンファイバーのカセッテであれば、安心してX線装置を使用することができます。
マンモグラフィ
乳房用のX線撮影装置のことです。欧米ではマンモグラフィの普及によって、乳がんの死亡率を減らすことに成功しています。そのため、日本でも乳がんを早期発見するために、40歳以上の方の乳がん検診で2年毎のマンモグラフィが推奨されるようになりました。、乳がんを予防するためのマンモグラフィの利用が、少しずつ普及しています。
レントゲン天板
X線透過性を考慮してCFRPを材料としたレントゲン天板が、使われるようになっています。

※1:カセッテとは遮光箱のことです。遮光箱の裏蓋にはクッションを貼って、内側のスクリーンとの間にフィルムを挟んで均一な密着面にします。このような構造にすることで、より綺麗な画像を取り込むことができるようにしています。

事業案内

産業用機器

産業用機器

当社では様々なカーボンファイバーの産業用機器の製作に取り組んでおります。

民生用

民生用

CFRP・グラファイトの成形品の販売やオーダーメイドを承っております。

医療機器

医療機器

CFRPは軽く、丈夫でX線透過率の良さからレントゲン機器の天板や治具をはじめ、医療機器への使用が浸透してきております。

航空・宇宙

航空・宇宙

当社では航空宇宙開発にも対応できる大型オートクレーブを保有しており、高性能のドライカーボンを成形することが可能です。

 

全国対応 お問合せ

失敗しないカーボン加工探し